不思議箱屋とは?

はじまり


 不思議箱屋の誕生は2009年北海道岩見沢市。


 「実際に蓋を開けてみないと何が出てくるかわからないビックリ箱」の意、より多くの作品を発表したい意を込めた「屋」を足すことで「不思議箱屋」が誕生した。


 現在は札幌に活動拠点を移し、映画監督竹中透を筆頭に自主的に映像制作を行っております。

 


作風モットー


主に不思議、不可思議をテーマとして扱ったもの。

実際に開けてみるまで何が出るかわからない、観客にドキドキワクワクさせる箱(映像)を発信していく映像制作をモットーとしている。

キャスティング


現在はアクターズスタジオ北海道本部スターゲート校の生徒を中心にキャスティング。尚、出演希望者は問い合わせ欄より連絡ください。前向きに検討させていただきます。

最新使用機材/編集ソフト


メインカメラ:Canon EOS 90D
サブカメラ:Canon EOS 60D、Osmo Pocket
ジンバル:Zhiyun WEEBILL-S
音声: AT9947CM / ZOOM H4
編集ソフト:Adobe premiere ProCC2020

最近の動向


         

   2019年    1月 「競作映画Season2」 企画始動

   2018年    8月 「夏休み制作プロジェクト作品」 企画始動

 2018年    6月 「こんなのが見たかった!田中果樹園ショートドラマ制作プロジェクト」 企画始動    

   2018年  1月   「競作自主映画」 企画始動

 2016年  2月 短編映画「多香美と明日奈」アクターズスタジオにて自主上演

 2015年  10月 アイアンフィルムメーカーコンテスト2015にて全12チーム中上位3位入賞

 2014年  10月 アイアンフィルムメーカーコンテスト2014にて全13チーム中上位3位入賞
 2014年  6月  札幌プラザ2・5 にて映画「イマジナリー・フレンド」(80分)を上映 
 2013年  3月  狸小路2丁目シアターにて中編映画「LOVE IS BLIND/恋は盲目」を自主上映

 

監督リスト


竹中透:「いかさまジャンケン」「いない世界」「ケータイ少女」他多数

佐藤真美子:「」「桃リップ」「花畑 ~episode0~ 」「ウサギのホンネ」他

田阪祐樹:「Selenium/セレニウム」「forgot that ?
高橋信也:「走る踏み出す一歩
田中和幸
:「実りの秋、別れの秋
小嶋さくら:田中果樹園CM2020inぶどう編

左奈田章光:「Love Late」「三、二、一輪車