てやんでい

てやんでいが止まらない!

 告白のセッティング完了。

後は敷島君の到着を待つのみ。

しかしあろうことか、
突然話す言葉全ての語尾に
「てやんでい」が付いてしまう緊急事態に。

大親友まりかとオカルトオタクの力を借り
「てやんでい」を抑える方法に知恵を結集するも全く効果なし。

タイムリミットが近づく中
控え目女子高生菊乃はとある決心する。


果たして告白は無事成功できるのか!?

 


 

 

 

新井菊乃 役

小島寧音

 

 

 

伊達まりか 役

福山ほのか

 

 

 

大倉 役

野﨑貫太

 

 

 

敷島優 役

秋場郁雄


やっとのことで告白を決意した女子高生が「てやんでい」病に発してしまう話

2018/1.10 撮影一日目
2018/2.12 撮影二日目
2018/5.19 予告解禁
2018/5.26 本編解禁
2018/6.2 メイキング解禁

 

  竹中透監督オリジナル作品。 

 佐奈田監督作「LoveLate」で学校ロケーションが可能と分かり、便乗ロケ作品として本作の制作が急遽決まった。

 

 前者が教室ロケで進行していた為、他に撮影できる部屋を比較検討した結果、音楽室に決定。尚諸事情で学校名はクレジットされていないが、撮影許可の元冬休み期間に撮影。



 

 

 

 漫画やアニメで個性的な語尾のキャラクターがよく登場するが、はたして本人は意識しているのか?ふと疑問に思ってのが物語発想のきっかけ。

 

 ロケ場所が学校、語尾が「てやんでい」で一番最悪瞬間は?と考えた結果、告白が物語のクライマックスである構成で脚本執筆がスタート。

 

 

 当初タイトル含め語尾を「ござる」「ざます」等で進めていたが「てやんでい」=「何言ってやがるんだ」と言う意味、初見インパクトを含めこのタイトルに決定している。

 

 音楽室のシーン撮影後、音声が全く使えない状況が判明し急遽全編アフレコ(動作音も全て再収音)し、軌道修正した結果、完成までに3ヶ月を要した。尚原因は新しく購入したマイクコードであった。

 

 

 体育館での告白シーンは部活の関係上、実際の体育館の許可が降りなかった為、レンタルスペースの体育館で撮影をしている。

 

 尚予約が既に埋まっていた為、学校ロケから約一ヶ月後に撮影された。

本編画像

キービジュアル・記念撮影





竹中透

脚本

Pudding

撮影・編集・音声・音楽・音響・整音・効果音・色調調整

視覚効果・絵コンテ・スチール・予告・メイキング・タイトル

竹中透


撮影・メイキング撮影・ロケーション

左奈田章光

アクターズスタジオ 役者スケジュール管理

山本健人   西村京子