Love Late

青春ラブコメ
ホラーサスペンス


復讐の片想い

 卒業式に差出人不明のラブレターをもらった真司。

 

書かれていたのは『好きです』という文字と待ち合わせの場所だけ。

 

高校生活最後の淡い青春ストーリー。

 

誰もがそう思うだろう。

 

しかし、青春はそう簡単には終わらなかった……。

 


 

 

 

伊藤真司 役

花田遼

 

 

 

赤坂光子 役

坂田知恵子

 

 

 

橋本隆史 役

船尾竜史


自分宛に届いたラブレターの差出人を探す男子高校生の話

この言葉にはハッピーエンドとバッドエンド、両方の意味が含まれている。しかし、本当の終わりにはハッピーもバッドもないのだ。あるのはそう、真実だけ。

2018/1.11 撮影
2018/3.03 予告公開

2018/3.10 本編公開
2018/3.17 メイキング公開
2018/10.12&13 札幌プラザ2・5にてスクリーン上映

監督が語る作品イントロダクション

この作品の舞台は『卒業』ですが、テーマは『青春』です。

 

僕の考える『青春』は美しいもの、ではなくもっとイタくて物悲しく暴走しているものでした。

 

それを踏まえ、さらに僕は現役最後の高校生だったので登場人物には厳しく突き放すように接しました。

しかし、ラストに僕自身の甘さが出てしまった。

 

この甘さは将来、彼らに壁となって立ちはだかるでしょう。

 

彼らは壁を乗り越えられるのか。それとも壁になってしまうのか。

 

僕はもう傍観者なので関係ありません。

エピソード

 

 

 不思議箱屋競作映画企画奈田章光監督作品。「三、二、一輪車」に続いて不思議箱屋制作2作目。

 


 撮影当時現役高校3年生で卒業間近の監督は狐のお面の少女役の坂田千恵子が実はまだ中学生であった事に驚き、橋本役の船尾竜史が同じ高校の一つ後輩で驚いた。

 

 

 

 

 舞台の高校は監督自ら通っていた実際の学校。撮影許可を巡って先生方と格闘したのもいい思い出になったと語る。撮影は冬休みを利用。

 

 尚同じ学校で本作の前日に竹中透監督作「てやんでい」を撮影している。

 

 この作品を最後に左奈田監督は東京の映画学校へ進学。

 

   2018年10月12、13日札幌プラザ2・5 にて札幌国際短編映画祭 Hokkaido-Aプログラム内にて特大スクリーン上映&舞台挨拶を実施した。

 左奈田監督はこの上映の為に一時的に北海道へ戻り、役者3名と再会をし自身初の舞台挨拶を行った。

 

 なお本作は不思議箱屋 競作映画企画で一位となり、続編制作獲得権を手にした。しかし左奈田監督は東京在住である為、竹中監督が物語の世界観と登場人物を引き継ぎ、正式続編となる「アカサカミツコ」として制作。既に撮影を終え10月公開を予定している。

本編画像

キービジュアル・キャラキー・記念撮影





左奈田章光

脚本

左奈田章光

プロデューサー・撮影・編集・音声・音楽・音響・整音・効果音

視覚効果・スチール・予告・メイキング・タイトル

竹中透


絵コンテ・小道具・ロケーション

左奈田章光

アクターズスタジオ 役者スケジュール管理

山本健人   西村京子


英語翻訳

澤田大輝

Special Thanks

左奈田二葉   高橋由斗